★父・五世野村万之丞とは

1959年
野村万蔵家の直系長男として、東京に生まれる。
1963年
「靭猿」にて初舞台。
1964年
学習院幼稚園に入園し、浩宮徳仁親王とご学友になる。
1981年
イタリアのボルテラ市の国際演劇人類学スクール「ISTA(国際演劇人類学スクール)」にて演劇を学ぶ。
1985年
「釣狐」を披く。
1990年
長男太一郎誕生。
中世の芸能である「田楽」を再興し、「楽劇大田楽」と名付け、上演する。
自身の会社「有限会社コースケ事務所」を設立。
1993年
自身の演出の「楽劇大田楽」にて、平成5年度文化庁芸術祭賞を受賞。
1995年1月
「五世野村万之丞」を襲名。
1996年
NHK大河ドラマ「秀吉」にて、芸能考証を勤める。
万之丞念願の日本楽劇人協会(ACT.JTの前身)を発足する。
1997年
落語を題材し、狂言に仕立てた、落語狂言「死神」「子ほめ」「転失気」を演出し、上演する。(「死神」で文化庁芸術祭優秀賞を受賞)。
万之丞の功績をたたえ、第一回織部賞を受賞。
1998年
「長野パラリンピック冬季競技大会」の閉会式を演出。
文化庁教育用コンテンツ制作CD-ROM「仮面の世界」を総合監修を務める。
1999年
「国民文化祭ぎふ99」の総合プロデュースを勤める。 映画「萬歳楽」監督。
先導的アーカイブ映像制作支援事業作品DVD-ROM「萬狂言の世界・七世野村万蔵の秘曲」を総合監修。CD「楽劇大田楽 楽劇平和楽」リリース。
童話を狂言に仕立てた、お伽狂言「赤頭巾」「白雪姫」を演出し、上演する(2000年に厚生省児童福祉文化賞を受賞する)。 
2000年
一門を統括する組織である「萬狂言」を設立し、代表を勤める。
日本橋高島屋にて、「萬狂言の世界展」を開催する。
2001年
ACT.JT/日本萬歳楽鼎を設立する。
フランス政府から、日本におけるフランス文化の紹介、普及に貢献した人
に贈られるフランス芸術文化勲章「シュバリエ」を受章する。
広島ねんりんピックにて、総合開会式演出。
NHKハイビジョン大型ドラマ「聖徳太子」にて、総合文化監修を勤める。
「楽劇大田楽」に続き、「楽劇真伎楽」を東京都庁前広場で初演する。
マスクロードプロジェクトがスタートする。
「楽劇真伎楽」を奈良県明日香村「あすか舞台」にて公演。
2002年
NHK大河ドラマ「利家とまつ」にて、芸能考証を勤める。
NHK「よみがえる古代芸能・伎楽」に主演する。
「マスクロード 幻の伎楽再現の旅」(NHK出版)を出版。
女性による狂言、女狂言「うわの空」「春うらら」を演出する。怪談狂言「牡丹燈籠」を上演。「NAC新潟アジア文化祭」の総合プロディュースを勤める。               
2003年
いい加減 よい加減」(アクセスパブリッシング)を出版。「復元・阿国歌舞伎」を上演。
マスクロードプロジェクト「真伎楽」を上演する。
内閣府の認可を受け、自身の会社「NPO法人 ACT.JT」を設立。
2004年
NHK古代史ドラマスペシャル「大化改新」にて、総合文化監修を勤める。
ワシントンDCにおいて、「日米修好150年記念文化事業『日本楽』」のプロディュースと演出を勤める。
マスクロードプロジェクト「真伎楽」を北朝鮮の平壌 春の神前芸術祭典で上演六本木ヒルズで「聖火歓迎楽劇」を上演。
2004年6月
永眠(享年44歳)。 
 辞世の句「万蔵に万感の思いをこめて千秋楽」
2005年1月
九世野村万蔵襲名公演にて、襲名予定であった「八世野村万蔵」を追贈。          
京都造形芸術大学専任講師
韓国中央大学客員教授
国士舘大学21世紀アジア学部客員教授
桜美林大学文学部兼任講師
早稲田大学文学部非常勤講師
東京大学特別講師
日本女子大学特別講師
千葉大学特別講師
日本体育大学非常勤講師