野村太一郎とは

   1990年    300年余りの歴史を持つ加賀前田藩お抱えの狂言方、野村万蔵家の直系長男とし

                         東京に生まれる。父は故八世野村万蔵(五世野村万之丞)、祖父は

                         初世野村萬(人間国宝、日本芸術院会員、日本芸能実演家団体協議会会長)。

  1993年        第4回槌の会「靭猿」で初舞台。

       1995年      万蔵家継承記念会「伊呂波」で初シテ。

                南フランス、トゥルーズ ガロンヌ劇場で万蔵家狂言公演にて「靭猿」で出演。

  1999年         第4回新生の会「白雪姫」の鏡の精の役にて出演。

  2002年         NHK大河ドラマ「利家とまつ」に利家長男又若丸役で出演。

  2004年         第44回式能「面箱」を披く。

  2005年         九世万蔵襲名披露会「三番叟」を披く。

  2006年         喜多流職分会「千歳」を披く。

  2007年         萬狂言冬公演「奈須与市語」を披く。

                   梅若研能会「葵上」にて初めて間狂言を勤める。

  2012年        いけばな小原流家元『小原宏貴展』レセプションパーティーにて「三番叟」を披露 する。

  2012年        TBSテレビ「もてもてナインティナイン 御曹司SP」に出演。

  2013年        青山学院大学文学部日本文学科を卒業。

                NHKFMラジオで歌舞伎俳優の中村壱太郎氏がDJを勤める「邦楽ジョッキー」に 出演。

                瀬戸内国際芸術祭 「狂言・農村歌舞伎公演in棚田の里」にて、自身初の試みである、

              狂言と歌舞伎のジョイント公演に取り組む。

                           野村万蔵家祖先祭「釣狐」を披く。

  2014年         桜美林大学にて非常勤講師を勤める。

  2014年        キラエンタテインメントカレッジにて狂言謡講師を勤める。

  2015年         花影会「道成寺」のオモ間を勤める。

                若手能楽師4名による能楽公演のグループ「MUGEN∞能」を、

                         シテ方観世流で福岡 出身の 坂口貴信氏、同じくシテ方観世流で京都在住の林宗一郎氏、

                          異流の大蔵流 狂言方で、 京都在住の  茂山逸平氏と共に起ち上げ、京都・福岡・東京にて、

                          能楽公演を行う。

                 「市川海老蔵特別公演 ジャパンシアター」の八千代座公演・南座公演に出演。

  2016年          ラジオ日本 坂上みきのエンタメ1gogo    出演。

                 市川海老蔵 グランドジャパンシアター日本公演 三番叟 出演。

                 公益社団法人山本能楽堂 ルーマニアブルガリア公演参加。

 

         2017年        2017年より「万作の会」所属。 野村萬斎に師事。

                            品川プリンスホテルニューイヤープラン2017 狂言公演 出演。

                            公益社団法人 能楽協会会員